India Herbs
INDIA HERBS - 古代からの治療法を現代に
Title
Formule Ayurvédique Approuvée pour Sang Sain
ホーム
薬剤の成分
使用植物のプロフィール
得られる結果
アーユルヴェーダ解説
よくある質問
製品保証
今すぐ注文
ウェブマスターから
販売代理店
時報
Video
会社紹介
お問合せ

でお電話下さい。 +1-800-721-0650

  In English
  En Français
  In Italiano
  Em Português
  En Español


100%抽出物を含有

医師
承認
Our Medical Board
Get a Consultation

Click to verify BBB accreditation and to see a BBB report.

See All Products

View our Product Catalog
ダウンロードpdf 版

Also Visit Our Websites for:
Anti Aging
Arthritis
Beauty
Brain Power
Detoxification
Female Arousal
Heart Care
Immune Support
Lover's Yoga
Male Potency
Male Virility
Mood Support
Prostate Care
Sleep Aid
Strength
Weight Loss
Yoga for Virility




Tell Your Friends!


正常で健康的な生活への鍵となるのは:
血液化学成分の恒常性
当社の経験豊富なアーユルヴェーダ認定医師チームが、以下の6つの目的をうまく達成出来るように、ご相談及びコンサルトに応じつつ、100年以上にも受け継がれている治病経験にも体系づけています:

健康的な血糖値を維持。
ストレスに関係したダメージを治癒。
脂質プロフィールを正常化。
ホルモンの平衡状態を達成。
内臓を強化。
長期健康を向上。

徹底的な共同実験研究および検査を実施した後、当社チームは、安全かつ自然な方法で不規則血液化学問題に焦点を置き、最も効用のあるハーブ配合を開発しました。

アーユルゴールドカプセルを生産する当社独自の製法に加え、自然科学原理は、実に5000年以上にも渡り徹底に検証し実証されたものなのです! 何世紀もの間、古代ヴェーダの伝統において古代インドの王や王子達は、不均衡な血糖への傾向に導く"消化の力"への影響を軽減するための他の栄養素、蜂蜜、ミルクなどを混ぜ合わせた様々な種類からなるアーユルヴェーダハーブを使用してきました。

アーユルゴールドは、糖尿病のような疾患の兆候を防ぎ、最適な血液化学を維持するために最も安全で効果のある手段です。

それではアーユルゴールとは一体どういうもので、どのように機能するのでしょうか?

特に明記されない限り、古代アーユルヴェーダの学術紀要から得られた情報は、以下の通り提示しました。

1) Dhanvantari Nighantu (5世紀)
2) Madanpal Nighantu (14世紀)
3) Raj Nighantu (15世紀)
4) Keyadeva Nighantu (16世紀)
5) Bhavaprakash Nighantu (16世紀)
6) Rajavallabh Nighantu (1703)
7) Nighantu Sangraha (1758)
8) Nighantu-Ratnakar (1867)

アーユルゴールドは、アーユルヴェーダ医学における臨床研究で実証された15種類もの最も強力な血液若返り作用のある濃縮ハーブを配合しています。 279もの自然植物性栄養素が当社独自の製法において正確な分量で配合されており、グルコース輸送と鍵である酸素となる活性化を通して内分泌活動を刺激し、グルコース代謝を高めるために体内で 544もの相乗作用 を発揮します。カプセル形内のハーブ有効成分による胃酸の破壊作用が、何世紀にも渡り古代叡智の導入を妨げてきました。インドハーブズ社チームは、主成分の早期分解を妨げるため生体カプセル外皮と吸収触媒を組み合わせて増強剤を開発することにより、この問題を解決しました。

アーユルゴールドは、血流にある高グルコースレベル降下作用を軽減するために内分泌系を刺激 し滋養を与え、膵臓内で発見された内分泌系細胞を刺激することが可能です。 膵臓は、インスリン産生を誘導する内分泌系細胞のグループ、ランゲルハンス島を含んでいます。  アーユルゴールドのハーブは、グルコース生成を増加しグルコース代謝を改善し肝臓からのグルコース流出を抑制します。アーユルゴールドは、体内で血糖制御 を誘導する活性酸素を生成するためにランゲルハンス島を刺激します。ま た、高血糖が見られる患者の脂質異常プロフィールを転換し、それによりグルコース代謝をさらに正常化し血糖値を制御します。 血液循環を高める助けをするハーブと共にアーユルゴールドは、身体のトータルバランスを整え若返り作用を及ぼす鍵分子の産生を高める働きがあります。

暫くの間、体内でこれらの 効果を増強かつ維持するために、1日2回、アーユルゴールドをたった1カプセル服用するだけ でいいのです。

アーユルゴールドは、安全であり、配合を調整する血液化学として知られている専売の特別ハーブで製造されています。  これらハーブの濃縮抽出物は、各成分の効用作用と同化作用を増強するために非常に効果的な組み合わせでブレンドされているだけでなく、不要な副作用などを起こすこともありません。インド各地から集められた以下のハーブを含有しています。  

カラヴェッラカ - ニガウリ (ビターメロン)
カラヴェッラカは、グルコース代謝の生成により正常範囲内の血糖値を維持するために長年使用されており、
牛インスリンと同様に考えられているグルマリンとポリペプチドを含んでいます。近年の実験的研究でグルマリンは、甘味味覚刺激への神経性反応を抑制することによって効果を制御する糖陽性を示します。また、カラヴェッラカは、ビタミンCの天然物であり、レクチン、チャランチンやニガウリを他の主成分としています。レクチンは、重要な抗脂肪分解性で脂質生成作用、つまり脂肪細胞を破壊し、脂質プロファイルを改善することを示しています。

ハリタキ - ミロバラン (チェブリック・ミロバラン)
アーユルヴェーダ医学でハリタキは、血糖値をさげるために広く使用されてきました。近年の短期あるい長期の研究では、ハリタキの主成分 (ケブラジック、チェブリック酸そしてコリラギン)は、 ランゲルハンス島ß細胞と他の膵臓のメカニズムから、増強された酸素分泌を通り
グルコース還元反応活性を持つことが明らかにされています。 

 メシャシュリンギー - ギムネマシルベスター (ギムネマ)
メシャシュリンギーの試験管内研究では、グルコース強度溶液を減らすために解糖活性能力を証明しています。このハーブの活性成分は、膵臓β細胞を若返らせることで、酸素産生に重要な役割を果たすギムネマ酸とギムネマサポニン
(IからIV)です。ま た、メシャシュリンギーは、味覚糖を中和する助けがあり、甘い物欲を効果的に抑制します。アーユルヴェーダ医学の中でメシャシュリンギーは、数世紀もの間、糖代謝を制御するために使用されてきました。メシャシュリンギーのサンスクリットの名前には、文字どおり'糖破壊者'という意味があります。

ジャンブ - ムラサキフトモモ (ジャンボラン)
近 年の研究ではジャンブの有効成分が、血糖値を減らし、抗炎症性、抗関節炎、および解熱性配合を併せ持っていることを示しています。ジャンブは、糖内へので んぷん変換を減少するアルカロイドを含んでいます。またジャンブは、膵臓管上皮細胞からのベータ陽性細胞発達を刺激し、膵臓壁面内にある鍵となる酸素産生 細胞を再生します。

 ビルバ - ベル (ビールツリー)
ヒ ンドューの神木であるだけでなくビルバは、アーユルヴェーダにおいて最も注目されているハーブのひとつです。ビルバの主要活性成分は、アエゲリン、植物ア ルカロイド、ルタシン、g-シトステロール、粘液そしてマルメロシンを共に組み合わせた時、低減可能な糖分を所持するものとして証明されています。また、 このハーブは、炎症を抑え、抗ウィルス活性も示しています。

クリシュナジラカ - ニゲラ・サティバ (ニゲラ)
クリシュナジラカは、リモネンと呼ばれるカルボンとニゲロンと呼ばれるカルボニル化合物と、
抗菌性、殺虫性、気管支拡張、低血圧、免疫賦活作用を示す滋養に富んだアミノ酸(システイン、リジン、バリンそしてロイシン)を含んでいます。また、このハーブは、コレステロール値を抑制する働きのあるポニンも含んでいます。 アーユルヴェーダ研究所では、クリシュナジカラが、高血糖患者に著しい低血糖効果を発揮することを明らかにしています。

シタファリパトラ - バンレイシ (バンレイシ)
シタファリの葉から取り出した抽出液は、
健康な血糖を維持するために役立っており、筋肉におけるグルコースの合成を増加させる膵島からの酸素レベルに関わる重要な役割を果たし、肝臓からのグルコース放出を抑制します。また、異常高血糖が見られる患者の脂質プロファイルを転換する働きもします。

アラマキ - フォランサスエンブリカ (アムラ)
アラマキは、ゼアチン、ゼアチンリボシド、ゼアチンヌクレオチドのように特定されたサイトカインのような物質を含有しており、感染予防の助けとなる抗菌性、強心性、抗酸化性、抗ウイルス性のある抵抗力構築配合です。この果物は、圧搾ジュース100ccにつき921mgのビタミンC、新鮮な果肉100gにつき720mgのビタミンCを含有する最も豊富な天然要素のひとつでありオレンジのビタミンC含有量のおよそ20倍に相当します。ビタミンC は、抗酸化物質で、生体物質や細胞への二酸化炭素によるダメージを減らすために過酸化物を解毒した酸素であるアスコルビン酸ペルオキシダーゼの基質として 作用します。更にビタミンCは、生活に絶対不可欠であり、風邪や他の多くの疾患に備えて最高の健康状態を維持し、細胞培養装置としての働きがあるミトコン ドリアへとエネルギー移転をするのに重要なカルニチンを合成する必要があります。

 ゴーシュクラ - トリブラスフェーエル (ハマビシ)
ゴーシュクラは、医学的効用として世界中で使用されているハーブであり、黄体化ホルモン(LH)の生成を刺激します。またこのハーブは、ホルモンやエネルギー内のコレステロールや脂肪を変 換するのを助けることで、肝臓に刺激効果を持たらします。うまく血糖値を下げ、糖尿病を対象とした神経系統や血糖管に影響を与える糖毒性を減少することは 不可能ではないのです。アーユルヴェーダ医学では、尿路、腎臓、生殖器系を回復させる天然栄養サプリメントとして何世紀にも渡り使用されてきました。ゴー シュクラは、正常な尿の流れを促進し、"痛みを伴う排尿"、微量で痛みを感じる排尿、痛風の治療に効果的であり、前立腺の薬効も持っています。

 
ハリドラ - クルクマロンガ (ターメリック)
ハリドラの根茎は、抗炎症性配合のあるクルクミノイド、クルクミン、そして他の天然抗酸化物質を含有しており、
膵臓島細胞を刺激する7対1効用比率抽出物で、異常代謝経路を調節し、鍵となる酸素の分泌を高めます。従って血糖値を抑制する助けをします。またアーユルヴェーダ医学の中でハリドラは、血液浄化器および胃強壮薬としての範囲で使用されています。

トュルシ - 有機トュルシ (ホーリーバジル)
トュルシは、揮発油のほかにアルカロイド、グリコシド、サポニンそしてタンニンを含んでおり、トュルシの葉は、アスコルビン酸とカロチンを含んでいます。トュルシは、血糖値を下げグルコース負荷を改善し外因性注入活性酸素を増強します。また、トュルシの抽出物は、抗炎症作用も示しています。葉から抽出したトリテルペンに含まれるウルソール酸の作用は、体内の肥満細胞数を上昇させてヒスタミン遊離を減少させます。肥満細胞は、病原体に対する防御をし、アレルギーと創傷治癒の役割を果たす事でよく知られています。葉からの成分は、解熱効果を持っています。解熱剤は、熱を防ぐかあるいは熱を下げる働きがあります。

ダールハリドラー - バーベリスアリスタータ (インディアンバーベリー)
このハーブの主要成分は、ベルベリン、ベルバミン、アロモリン、カラチン、パルマチン、オキシアカンチンそしてオキシベルベリンです。ダールハリドラーは、血糖値とグリコヘモグロ ビンAを著しく減少させることが証明されており、酸化ストレスを減少させ糖代謝を制御し血液循環を改善しコレステロールを下げ、免疫応答を増やす効果があ ります。

グドューチ - ティノスポラ・ コルディフォリア (インドのティノスポラ)
グドューチの主成分は、反周期性、鎮痙、抗炎症性、解熱性作用配合を持つティノスプリン、ティノスプロイドそしてティノスポラサイドです。臨床試験では、このハーブが、増加させたニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADPH/NADP)効用比率(細胞性呼吸を向上させ、紫外線によるダメージ減少をもたらすと考えられる。)へと導く代謝回路網内でブドウ糖流入を減少させていると示されています。最もシンプルな砂糖、果糖へのソルビトール変換に触媒作用を及ぼすルビトール脱水素酸素(SDH)の活性も、著しく低下します。またアーユルヴェーダ医学内のグドューチは、敗血症、腹膜炎、肝線維症、黄胆治療のための免疫調節薬としても使用されています。

ヴィジェイサル - ニチニチソウ (ニチニチソウ)
ヴィジェイサルは、体内で 血糖の著しい低下を誘導する有性アルカロイド(ビンブラスチン、リューロシン硫酸カルシウム、ロケネリン、テトラヒドロアルストニン、ビンドリンそしてビ ンドリニネ)を含有しています。また、ヴィジェイサルは、身体に鎮静作用のあるレセルピンとサーペンティンも含有しています。

ニンバ - ニーム (ニーム
ニンバの抽出物は、著しい血糖、血圧、心拍減少効果を持つニンビン、ニンビニン、ニンビディンなどの主成分を含んでおり、抗菌性で抗ウイルス配合も持っています。また様々な部位の植物は、収れん性強壮反周期配合を持つと示されています。

これらの成分は、ホルモンレベルや血液化学正常化にプラスの効果であり、直接内分泌系に働きかけるような独自の製法で作られています。


 サンスクリット名
    植物名
    標準名

 

Could not connect to Host