India Herbs
INDIA HERBS - 古代からの治療法を現代に
Title
Formule Ayurvédique Approuvée pour Sang Sain
ホーム
薬剤の成分
使用植物のプロフィール
得られる結果
アーユルヴェーダ解説
よくある質問
製品保証
今すぐ注文
ウェブマスターから
販売代理店
時報
Video
会社紹介
お問合せ

でお電話下さい。 +1-800-721-0650

  In English
  En Français
  In Italiano
  Em Português
  En Español


100%抽出物を含有

医師
承認
Our Medical Board
Get a Consultation

Click to verify BBB accreditation and to see a BBB report.

See All Products

View our Product Catalog
ダウンロードpdf 版

Also Visit Our Websites for:
Anti Aging
Arthritis
Beauty
Brain Power
Detoxification
Female Arousal
Heart Care
Immune Support
Lover's Yoga
Male Potency
Male Virility
Mood Support
Prostate Care
Sleep Aid
Strength
Weight Loss
Yoga for Virility




Tell Your Friends!


アーユルゴールド
最適な血液化学への実践的なナチュラルアプローチ
、電話 +1-800-721-0650、又はメールでご連絡!

アーユルゴールドは、血液化学の管理を最適化するために開発された天然サプリメントです。  主に以下の6点の効用が挙げられます。

ball 血糖値を安定化すること。
ball ストレスから来る不均衡を正すこと。
ball 脂質プロフィールを最適化すること。
ball ホルモン産生を再調整すること。
ball 身体機能を強化すること。
ball 総合的な健康状態を改善すること。
 
100%抽出物を含有
SGSによって品質と安全性を独自に検証
110%払い戻し保証!
 
Order Ayurgold Now!
100%の天然成分- 100%の安全性

アーユルヴェーダを基にした血液正常化のための独自の製法を試してみて - 最も古く理解可能な医学であるから。

アーユルゴールドは、症状だけではなく血液疾患の根底にある問題を治療します!

アーユルゴールドは、アーユルヴェーダ医学における臨床研究で実証された15種類もの最も強力な血液若返り作用のある濃縮ハーブを配合しています。 279もの自然植物性栄養素が当社独自の製法において正確な分量で配合されており、グルコース輸送と鍵である酸素となる活性化を通して内分泌活動を刺激し、グルコース代謝を高めるために体内で 544もの相乗作用 を発揮します。

アーユルゴールドは、血流にある高グルコースレベル降下作用を軽減するために内分泌系を刺激 し滋養を与え、膵臓内で発見された内分泌系細胞を刺激することが可能です。 膵臓は、インスリン産生を誘導する内分泌系細胞のグループ、ランゲルハンス島を含んでいます。  アーユルゴールドのハーブは、グルコース生成を増加しグルコース代謝を改善し肝臓からのグルコース流出を抑制します。アーユルゴールドは、体内で血糖制御 を誘導する活性酸素を生成するためにランゲルハンス島を刺激します。ま た、高血糖が見られる患者の脂質異常プロフィールを転換し、それによりグルコース代謝をさらに正常化し血糖値を制御します。 血液循環を高める助けをするハーブと共にアーユルゴールドは、身体のトータルバランスを整え若返り作用を及ぼす鍵分子の産生を高める働きがあります。

アーユルゴールド内にある成分は、内分泌系と血液化学正常化にポジティブな影響を与え、内分泌器系に直接働きかける独自の製法から成ります。アーユルゴールドカプセルをたった1錠1日2回服用するだけで、体内で徐々に効果を高め維持することが可能です。最適な効果をもたらすために当社のアーユルヴェーダ認定医師からの診察で指導を受け、あなたの日々の生活習慣に組み込んでみることから始めてみてください。

医師達やアーユルヴェーダ医学も同感です...
長続きで意義のある効果を生み出す血液正常化のためのアーユルゴールド独自製法
処方箋は必要ありません!

アーユルゴールドは、以下の特徴が挙げられます。

ball 5,000年のアーユルヴェーダの叡智。
ball 最先端の実地検証と研究。
ball 画期的なカプセル封入技術。
ball 研究所で実証された有効性。
ball 医師認証、慎重に製法を実現。

アーユルゴールドを注文するには、今すぐここをクリック!

エネルギーシステム
身体は、相互に接続し、何兆もの細胞からなる非常に込み入った網状組織です。細 胞の多機能のひとつとして生命のエネルギーを産生することがあります。エネルギーを産生するどの細胞にも、主にグルコース形状の燃料を必要とします。どの 細胞の表面も、インシュリンとグルコースためのドッキングステーションが含まれています。インシュリンは、グルコースが侵入する情報伝達経路を開く"鍵"となる役目を果たしています。

グルコース輸送体(Glut)と呼ばれる細胞内に他の輸送経路があります。これらの輸送運搬手段は、carry グルコース分子 to 身体がエネルギーを産生するために使用するミトコンドリア (細胞の"炉")に対してグルコース分子を輸送します。

どうやって問題が発生するのか
食物と血糖が増加後、腸で炭 水化物または砂糖が吸収されると、インシュリンが膵臓で分泌され身体の至るところに循環します。As インシュリンが情報伝達経路に結合すると、細胞は、エネルギーと低血糖値を産生する血流からグルコースを吸収します。As 血糖が下がると、膵臓は、肝臓内のグリコーゲンを分解するグリカゴンを分泌し、血液中のグルコース付加を遊離します。

インシュリンの分泌は、血流内のグルコース濃度により抑制されています。

血糖指数(GI)とは、どのくらい速く炭水化物食物が分解されてグルコースになり血流に入り込むかを測定する数的なシステムです。長時間適切なエネルギーシステムを持続させるために血糖値を適度に上げる低血糖指数(GI)食物と一般的に言われている果物、野菜、ナッツ類、マメ類、穀物類のような天然栄養素から作られた炭水化物に人間は頼ってきました。

近年における味付けと保存料の出現で食品業界は、長期間、嗜 好性の高い加工食品を生産してきました。残念ながら、人気のある多くの製品(白パン、プレッツェル、チップス、クラッカー、クッキー、ケーキ、ソーダ) は、血糖値がかなり急速に上昇する原因となる高い血糖指数(GI)をもたらします。血糖が素早く上昇すると、短期間でレベルがピークになり、それから正常 レベル以下へと下がっていきます。脳が血糖に影響を及ぼすので、短期間で食欲をもっと強く欲するように誘発し再び血糖を上昇させます。この周期が、グルカ ゴン抑制、一日中乱用インシュリン遊離そして血糖の継続棘波へと導きます。

加えて、血糖の急激な上昇は、動脈血管内張りへの著しい炎症を引き起こします。この炎症が、筋肉の毛細血管 (最も小さい動脈)に及ぶと血管は肥厚し収縮される傾向を表します。炎症は、インシュリンが血流内に通り抜けることをもっと困難にする肉体的障壁を作り出し、糖が細胞内へ侵入するのを可能にします。これが、インシュリンに対し身体の敏感さが低くなるインシュリン抵抗性の始まりです。

メタボリックシンドローム
治療をされていないままのインスリン抵抗性は、肥満、糖尿病、心臓病、高血圧及び発作などの慢性疾患へと導く危険要因の集まりの原因となる継続した高レベルへの血液上昇内のインシュリンレベルであるメタボリックシンドロームを引き起こします。

アメリカでは、メタボリッ クシンドロームを有する成人は約4千7百万人ほどであると指摘されており、その数は著しく増加し続けています。メタボリックシンドロームは、一夜にして発 生するものではありません。それは、毎日の好ましくない食事による摂取を何年も続けていることから発端しています。メタボリックシンドロームの可能性があ る人の基準は、以下の通りです。

  • 年を取っている人。メタボリックシンドロームを発症する危険性は、40代の20%、50代の35%、そして60代の45%またはそれ以上

  • 血餅や炎症を起こしやすい人。どちらもメタボリックシンドロームを患う患者に共通している症状です。糖尿病の疑いがあるようならば、医師が血液検査で調べることが出来ます。 

  • 脂肪肝、コレステロール胆石そしてリポジストロフィー(内臓脂肪に影響を与える)のような医療状態を持つ人

  • 糖尿病は、家族歴を有し、両親が糖尿病もしくは第一度親族が糖尿病の場合、発病の危険性が高くなります。

  • 男性でウエストサイズが35以上の人もしくは女性でウエストサイズが31以上の人。 

  • インスリン抵抗性とメタボリックシンドロームの可能性が高い南アジア人。

良い事にメタボリックシン ドロームは遺伝子疾患ではなく、ダイエットを行うにあたり最善の選択である理由に間違いがないのならば、十分に防ぎようがあるからです。最初に必要となる 意識的な決断は、健康的なライフスタイルとダイエットでインスリン抵抗性を転換することです。どれが高血糖と低血糖の食物かを認識し、それに応じて食事を 決めてください。これはあなたの健康のために避けて通れない事柄です。糖尿病患者でさえ、依然としてダメージから回復し、活発な人生を継続して送ることが 出来ます。

糖尿病
イ ンスリン抵抗性が治療されないまま放置された場合、糖尿病は共通した転帰となります。また統計結果によると糖尿病は、進行中の流行病とされています。アメ リカではおよそ18.2百万の人達もしくは人口の6.3%の人が一生続く重篤な糖尿病を患っています。これらの統計の内、13百万人は、糖尿病と診断され ていますが、約5.2百万人は、まだ診断されていません。 毎年、20歳以上である約1.3百万人が、糖尿病と診断されています。1980年には9歳から19歳の間の子供の新しいケースの2%となっている肥満と成人型糖尿病(タイプII)は、主に結 びついています。2000年までにタイプII糖尿病は、この年齢層で診断されている糖尿病の新しいケースとなる30%から50%を作り出しました!

アメリ カでは、糖尿病が、毎年170000人以上の死を招くという結果が報告されています。 世界糖尿病財団によれば、 糖尿病率は、流行病の様相を呈しています。2025年までに80%の新しいケースの糖尿病が現れると予測される発展途上国が、21世紀の画期的な出来事を生み出すであろうと世界保険機関は、予測しています。今日、成人人口のほぼ6%並び世界中の2億3千万以上にあたる人々が糖尿病に冒されています。 糖尿病を抱えて生活をしている多くの人々は、何らかの手段が得られなければ、20年以内に3億5千万人まで増加することが予想されています。

西洋医学
インスリン抵抗性、メタボリックシンドロームおよび糖尿病に関連する問題を扱うため西洋医学は、過剰で費 用のかかる処方薬に頼っています。一般的に西洋医学の方法は、根底にある問題ではなく、血液化学疾患の症状だけの問題に取り組んでいます。薬の服用を止め た途端、問題が発動します!しかも、これらの処方薬は、多くの場合望まない結果を招き、危険な副作用が生じる可能性もあります。

一般的に処方薬は、アンジ オテンシン変換酸素阻害薬(カポテンやバソテックのような)、アンジオテンシンII受容体遮断薬 (コザールやディオバンのような)、利尿薬、β遮断薬、スタチン(クレストール、レスコル、リピトール、 メバコール、プラバコール、ゾコールのような)、ナイアシン(ナイアコール、除放性ナイアシン製剤、ナイコラールのような)、胆汁酸レジン(コレスチポー ルとクエストランのような)、ゼチア、グルコファージ、アクトス、およびアヴァンディアを含みます。

これら治療薬のいくつかの併用による副作用は、腹痛、肝機能検査異常、表皮肥厚原因菌、突発的な怪我、アレルギー反応、 脱毛症、過敏症、貧血症、貧血症と斑状出血、狭心症、血管性水(浮)腫、摂食障害、不安症、関節痛、関節炎、無力症、ぜんそく、運動失調、心房細動、心房細動と他の不整脈、背部痛、視力障害、気管支炎、気管支けいれん、類天疱瘡、心拍停 止、心因性気道閉塞および/あるいは顔面浮腫症、脳血管発作/(機能)不全(症)、髪/爪の変化、胸痛、悪寒、胆汁うっ滞、 胆汁うっ滞性黄疸、(肝臓などの)硬変(症)、錯乱(状態)、結膜炎、便秘、慢性咳、嚢胞様黄斑浮腫、糖耐性減少、鬱病、(真性)糖尿病、発汗療法、下 痢、蒼白、めまい、異夢、 空咳、眼乾燥、口内乾燥症、乾燥皮膚、皮膚乾燥/粘膜、味覚異常(症)、一定の脳神経の機能不全、味覚不全、呼吸困難、高架アルカリフォスファターゼ、高 架ビリルビン、高架グルタミルトランスペプチダーゼ、高架トランスアミナーゼ、好酸球増加症、好酸性肺臓炎、肺臓炎、勃起不全、多形性紅斑、紅皮症、赤血 球沈降速度増加、剥脱性皮膚炎、顔面麻痺、脂肪肝、熱、側腹部痛、鼓腸、潮紅、電激性肝壊死、胃炎、胃腸炎、舌炎、痛風、女性化乳房、頭痛、溶性血貧血、 肝不全、肝炎、ヘパトーム肝(細胞)癌、眼部帯状ヘルペス、高カリウム血症、色素沈着過度、高血圧、高張緊張過度、高尿酸血症、低ナトリウム血症、低血 圧、腸閉塞、外眼運動の欠陥、インポテンス、感染、 不眠症、黄疸、白血球減少、性欲減退、エリテマトーデスのようなシンドローム、 倦怠感、下血、 記憶喪失、軽度から重度の皮膚潮紅、筋けいれん、筋肉痛、筋無力症、心筋梗塞または脳血管発作、筋障害、頸部痛、神経過敏、神経痛、好中球減少症、小 (結)節、乏尿、 眼筋麻痺、起立効果、起立性低血圧、pain, 動悸、膵(臓)炎、感覚異常、病的骨折、骨盤痛、天疱瘡、消化性潰瘍、歯周潰瘍、末梢性浮腫、末梢神経麻痺、末梢神経障害、光線過敏症、肺炎、リウマチ性 多発(性)筋痛、陽性抗核抗体、白内障の進行(白内障レンズ), 痒み、心的栄養障害、 肺水(浮)腫、肺(動脈)塞栓(症)と梗塞、(肺の細胞浸潤)肺浸潤、紫斑(しはん)病、発疹と痒み、レイノー現象腎障害、腎(機能)不全、横紋筋融解 (症)、鼻炎、鼻濡、心房(性)頻拍や徐脈(拍)を含む洞不整脈、傾眠、咽頭痛やしわがれ声、スチーヴンズージョンソン症候群、口内炎、症候性低ナトリウ ム血症、失神、味覚変化、裂くような痛み、 血小板減少症と骨髄抑制、甲状腺機能異常、耳鳴り、中毒性弱視、中毒性表皮壊死症、震え、上気道感染症、じんましん、血管炎、血管拡張、空間識失調および 嘔吐を含んでます。

強力な合成化学を疑いもなく体内に取り入れることは、長期健康において重篤な結果を生むことになりかねません。いくつかの薬物は、 疾病あるいは取り込む必要があった問題以上に副作用を持たらします。

アーユルヴェーダ医学

生活の科学、予防、長生要 素を持つアーユルヴェーダは、最も古い全体論的で包括的な医学システムを取り入れることが可能であり、その原理は、5000年以上も前に書かれた古代イン ド叡智の本であるベダスと呼ばれるヒンドュー教教典にて発見されました。アーユルヴェーダは、自然と完全均衡で個々の身体、心、精神性を持ち続けること で、個人の健康状態を維持する助けをする自然固有原理として使用されています。

インドハーブズ社は、アーユルヴェーダの8専門領域のうちの1つである一般的な医学(カヤ チキッツァ)部門を専門分野としている経験豊富なアーユルヴェーダ認定医師集団を率いており、解毒と浄化作用による療法を勧めているアーユルヴェーダ支部でもあります。カヤ チキッツァは、疾患に対して深く根付いている見方を明確にし、身体全体の健康状態を強化しながら血糖値を安定させるためのホリスティックな治療や様々なハーブ強壮剤の治療用途を処方します。

インドハーブズ社カヤ チキッツァ部門の医師らは、安全で自然な方法を用いて健康問題を解決し、最適な血液化学を個々に達成できるのを助けるために ダイエット、運動、精神力の鍛錬とリラクゼーションのアドバイスと何世紀も続く古い叡智を基にした独自のハーブ専売製法を組み合わせました。

推奨
以下の13項目を実行することにより、血糖値を安定させ長期健康を最適化します。

1) ダメージ反転 - 高血糖の食物消費と血流内インシュリンの継続遊離が、長い年月で身体にダメージとある程度の定着したインスリン抵抗性をもたらします。このダメージを反転するためにアーユルゴールドは、体内の血糖を整え、グルコース利用を増加、グルコース代謝を改善、肝臓からのグルコース放出を抑制し高血糖である患者に見られる異常脂質プロフィールを転換そして身体の自然な調和とバランスを回復するための血液循環を増加の役目となる要因である活性酸素を生成するためランゲルハンス島を刺激し、膵臓で発見された内分泌細胞を刺激する分子レベルで作用する何百もの植物栄養素を放出します。

2) 規則的な水分摂取 - 脱水症状を避けてエネルギーを燃焼させる高脂肪を遊離するのを助けるために、少なくとも1日グラス8杯から10杯の水を飲んでください。

3) 1日5回から6回の軽い食事 - 食事量を分けることは、養分吸収を高め、血糖変動を最小限にし脂肪蓄積ホルモンと酸素を減少させます。

4) 炭水化物 - 始終、低度から中度のGI(血糖指数)炭水化物を消費してください。全低血糖指数ダイエットは、血糖バランスを保つ同原理に基づいています。低血糖指数ダイエットにおいて制限された食物は、血糖やインスリンレベルが速く高く上昇する原因となるデザートや粗製砂糖のような食物です。 結果としてこれらの食べ物が、脂肪に変換されるより多くの食物となります。一般的にド ライナツメヤシの実、スイカ、バナナ、レーズン、玄米パスタ、白米、コーンミール、クスクス、インスタントライス、白パン、ホールミールブレッド(全粒粉 が混ざったパン)、ダークライ麦そして人気のあるシリアル食品(レーズンブラン(レーズン入りシリアル)、スペシャルK, グレープナッツ、コーンフレーク、ライスクリスピー、チェリオス、麦のポン菓子)のような高血糖指数指標を持つこれらの食物は、実は健康に良いと思われて います。

5) 蛋白質 - 代謝性のたんぱく(質)同化ホルモンを上昇させ脂肪のない組織損失を防ぐため、食事と共に規則正しく完全な蛋白質、脂肪のない肉を消費してください。  良いプロテイン源は、皮なしチキン、サーモン、マグロ、イワシ、低脂肪カッテージチーズ、卵白そして七面鳥胸肉です。ランチョンミート、全乳、牛挽肉、 チーズ、ベーコン、ポークチョップそしてヨーグルトを避けてください。

6) 繊維摂取量の増加 - ブロッコリー、カリフラワー、唐辛子、人参あるいは他の生野菜、玄米、全粒穀物のような繊維質の野菜は、食物の通過時間を増加し消化を向上させて体重減量を高めます。これらは食欲を軽減させるダイエットに一層拍車をかけます。

7) 多不飽和脂肪酸(PUFAs)の置換と飽和脂肪を減少 - バター、赤みの肉、チーズ、マヨネーズ、マカデミアナッツ、ピーナッツバターそして向日葵の種を制限してください。  マーガリン、 "部分水素化"とラベルの張られている食物、加工ベジタブル油、そして揚げ物は避けて下さい。 亜麻仁油、非加工植物油、サーモン、オリーブ油、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ油、麻、アボガド、アーモンドそして魚の油を規則正しく消費してください。

8) エアロビクス - 40分から60分のエアロビクス(ジョギング、速歩、スイミング、サイクリング)とウェイトトレーニングを1日ごと交互にやることで、脂肪とカロリーを燃 焼する助けとなり身体耐久力を増加させ心臓と肺を強化し、血液と血液脂質レベルを抑制する助けとなりインスリン抵抗性を増加させ、ストレスと上手く付き合 う対応能力とエネルギーを高めることになるでしょう。空腹でのエアロビクスがエネルギーを脂肪に頼ることから、朝の時間帯がエアロビクスに適しています。 より高いレベルでの心拍数の指定範囲内であるべきであり、それは、60%から85%の最大心拍数(トレーニングは幾分か疲労を感じるくらいハードだと思いますが、40分から60分周期で続けることが可能です)を伴います。

9) ウエイトトレーニング - 筋量増量とは、より高い安静時代謝率とより多くのカロリーを消費することを意味しています。1週間に3日か4日のウエイトトレーニング(セットの間に30秒60秒間の休憩を入れた1セッションにつき1時間以内)は、筋肉増強ホルモン(たんぱく同化)高レベルを育成し筋消耗(異化)ホルモンを最小限にするでしょう。 1週間に1度身体の各部位を動かしてください。(1日目に胸と背中、3日目に脚、5日目には肩と腕)

10) マルチビタミン剤 - 代謝、脂肪の損失そして健康を最大限にするため常に質の良いマルチビタミン/ミネラルサプリメントを利用することは得策です。

11) 適度なアルコール摂取 - アルコールの多飲が、血液中の中性脂肪レベルを上昇させ高血圧や心不全へと導き、カロリー摂取(肥満と糖尿病へと導く原因となる)をも増加させます。

12) リラクゼーション - ストレスが溜まっていると、健康的な食事取ったり規則正しく運動をしたりする良い習慣から損なわれがちです。瞑想、趣味そして大切な人と過ごす時間を通して心を穏やかにし十分な睡眠を取り限界を定め、役割を担うことで緩やかな見解を維持出来るように心がけてください。

結果: 精密に配合されたアーユルゴールド成分は、血液化学の問題に取り組み心身へ焦点を当てることで正確な効用を得られます!

 

Could not connect to Host